スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受取利息の割り返し計算

復興特別所得税その2です。

定期預金の満期や解約の時に金額の内訳が載っている紙面をもらうと
受取利息に係る所得税・住民税が記載されています。
平成24年12月31日までは
所得税・・・受取利息の15%
住民税・・・受取利息の5%
合計20%の税金が天引きされていることがわかります。

平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間に受取利息をもらう場合
この所得税に復興特別所得税も合わせて天引きされます。
所得税・・・受取利息の15%×102.1%=15.315%
住民税・・・受取利息の5%
合計20.315%が天引きされることになります。

定期預金のように紙面で税額いくら・・・と記載してあると実務上、処理が楽なのですが普通預金の場合は天引き後の受取利息が通帳に記載されるだけなので、受取利息の総額及び税額を割り返し計算で算出することになります。

(例)普通預金通帳に150円入金されていた。
 ①平成24年12月31日までの場合
  150円÷(100%-20%=80%)=187.5→とりあえず187円とする
  187円×15%=28.05→28円(所得税)
  187円×5%=9.35円→9円(住民税)
  検算
  150円+28円+9円=187円(受取利息総額)
  ※税金が円未満切り捨ての為、金額によっては受取利息の総額が1円少なくなることがあります。
   下の例がそれに該当します。

 ②平成25年1月1日から平成49年12月31日までの場合
  150円÷(100%-20.315%=79.685%)=188.2411・・・→とりあえず188円とする
  188円×15.315%=28.7922→28円(所得税)
  188円×5%=9.4円→9円(住民税)
  検算
  150円+28円+9円=187円(受取利息総額)
  187円×15.315%=28.63905→28円(所得税)
  187円×5%=9.35円→9円(住民税)

例示は金額が小さいので①も②も金額は一緒になりましたが、計算過程は以上のようになります。
「0.8で割り返し」が「0.79685で割り返し」をすることになります。



 
FC2 Management

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Author:hayaokihayaoki
台東区根岸に所在する、健康おたくの集まる税理士法人に勤めています!
税金の話は笑顔がモットーの税理士法人フロンティア税務会計まで、お気軽にご連絡ください!

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。